信頼性保証の求人はこちら

信頼性保証部門の求人をお探しの方へ

画像

転職先次第で、その後の貴方の人生が大きく変わります。

 

製薬会社の信頼性保証部門で、高待遇な職場に就きたいと思うならば、ハローワークや小規模な求人サイトでは良い職場は見つかりにくいでしょう。

 

なるべく製薬関連企業の求人が豊富な所を利用して、じっくりと求人を見比べた上で転職先を決めた方が良いです。

 

信頼性保証部門」で高待遇な求人を狙うなら、「リクナビ薬剤師」の非公開求人でしか取り扱っていない優良求人が豊富にあるので見ておかないと後で絶対後悔します。

 

信頼性保証部門の求人をお探しの方へ

薬剤師の求人サイトは沢山あるけれど、調剤薬局や病院関連の求人ばかりで製薬企業・メーカーなどの求人情報はイマイチ少ない!

 

そんな方はいらっしゃいませんか?

 

また、求人サイトの中には求人数が少なくて製薬企業の求人がほとんど無い場合もございます。

 

そこで、こちらでは製薬企業のなかでも信頼性保証部門に特化しました。

 

つまり、信頼性保証部門の求人をより沢山扱っていて、パイプの太い求人サイトをランキング形式でご紹介いたします。

 

以下のサイトを利用して頂ければ、かなり豊富に信頼性保証部門の求人がありますので、ご利用いただければきっと満足頂けると思います。

 

信頼性保証部門のとらえ方や定義は、各製薬メーカーや、CRO(医薬品の治験依頼の業務について支援する企業 )によってやや異なりますが、大まかには同様です。

 

QCV,GVP,GPSPの省令に基づく品質保証、製造販売後安全管理、製造販売後調査業務がメインになっているようです。

 

信頼性保証部門という大きな括りで、その中に品質保証やその他の部署という区切りを行っている会社も多いですね。

 

職場には男性ばかりでなく、女性も働きやすい職場づくりが進められている会社も多くなってきているようです。

 

薬剤師の職場としては薬局と病院が大半を占めていて、研究職や製薬会社に勤める薬剤師の数は相対的に見ると少なく、職場も少ない傾向にあります。

 

その中で、求められるスキルとしては、薬剤師資格は当然として、製薬会社での品質保証業務経験や、英語力等も問われます。

 

また、GMP、GLP双方の知識経験を問われる場合ももちろんございます。

 

他には、FDA査察対応経験や、リーダー、マネージャーとしての経験などもあれば優遇される場合もあるようです。

 

業務としては、安全管理や、臨床試験の監査や研究所での信頼性保証などをうたう求人が増えています。

 

しかし、各求人サイトの非公開求人などをチェックしていくと結構製薬メーカー・CRO・薬事関連の求人もあるものです。

 

そうはいっても、すべての求人サイトに登録していちいち全部見るのは大変ですよね。

 

そのため、求人サイトの選択はかなり重要なポイントになってきます。

 

信頼性保証といった、薬剤師の職種として希少な職種になればなるほど、より製薬業の求人を保有し、年収などもしっかり交渉してくれる求人サイトを選ばなければいけません。

 

是非、上記の求人サイトを利用してみて下さい。

 

製薬会社の中って、どんな区分けになっているかご存知でしょうか?

 

大きな製薬会社では、まず本社と支社に分かれている所が多いでしょう。

 

本社においているのは経理関係や、人事など一般的な企業とほぼ変わらないような、根幹的な部門があります。

 

その他には、薬理、創薬、などの様々な研究所、研究部門があります。

 

また、臨床、非臨床開発部門やデータ解析などを行っている開発部門も本社に置いている企業が多いですね。

 

さらには、品質保証や薬事、薬事情報などが属している、信頼性保証部門なんかも本社に置かれている場合が多いです。

 

その他、営業もあるでしょう。

 

では逆に支社に置かれる部門とはいったいどんな部門があるのでしょうか。

 

支社といっても大手の製薬会社の場合は東京や大阪などの日本国内だけではなく、海外に拠点を構えている所も多く、製造などは海外で行っている会社も多いようです。

 

しかし、改正薬事法に伴って、大手の会社が製造設備を保有していなくてもよくなったので、こういった薬の製造関係は、関連の子会社が行っているというケースが多いです。

MRの転職事情

MRは昔プロパーと呼ばれていて、お医者さんや病院経営者に対して接待を行って医療機関などに自分の会社の製品を売っていたそうです。

 

ですが、最近では、医薬品の納入代金を医薬品卸企業が行うようになり、医薬品情報の提供を主な仕事とする専門家になりました。

 

担当エリアを持つことや自由裁量で働くこと実績ベースで査定されるところはあまり以前とは変わらないようです。

 

MRとしてキャリアをつんで、営業の所長や、支店長、などの役職についていく人が多いようです。

 

または、マーケティングや、学術部門としての道を歩んでいく人もいるそうです。

 

MRは転職も盛んで、他社や、医療機関などに移る人も少なくありません。

 

インセンティブやボーナスなどの日当もついたりするので、製薬会社の中でも他の職種よりも年収が高いケースも多いようです。

 

また、お給料もマネジメント系なのかマーケティング系なのか、MR専門なのかなどによって大きく変わってくるようです。

製薬会社の薬剤師・非臨床試験について

GLP試験実施適正基準とは、医薬品や化学物質などの安全性・信頼性を確保する為に、施設が備えておくべき設備や機材、試験操作などの手順などについての基準を定めています。

 

現在の医薬品や医療機器など様々な所で適用されています。

 

医薬品が適用されるGLPとは非臨床試験の実施の基準に関する省令です。

 

医薬品GLPが誕生した期限は1960年代に起こったサリドマイドによる薬害事故だと言われています。

 

主に米国では、薬害の再発防止を議論し、FDA(米国食品医薬品局)が医薬品のGLPを法令化しました。

 

一方日本では1980年に日本製薬工業会が規範をさくせいして、自主規制を始めたところが始まりのようです。

 

1982年になると現在の厚生労働省が医薬品GLPの基準を発表し翌年から施行されて現在に至っています。

 

非臨床試験では、安全性試験や安全性薬理試験、薬効薬理試験、薬物動態試験、などが行われます。

 

この試験の信頼性を確保するのがGLPの目的となってきます。

 

具体的には、3年に一度、医薬品医療機器総合機構が医薬品GLP適合施設について、責任体制の明確化や、信頼性保証部門の設置など各種チェックしているそうです。

 

非臨床試験での毒性や薬理試験というのは様々な観点から行われる事となります。

 

ちなみに毒性についての試験は、一般毒性という単回投与毒性や、反復投与毒性だけでなく、必要に応じて局所刺激性の毒や、がん原生など様々です。

 

薬理試験については適正な用法用量を調べる薬効薬理は当然のこととして、薬物相互作用や、安全性薬理なども調査する事になります。

 

薬物動態試験では、薬物の用量と吸収や分布、代謝、排泄など時間を実験動物ごとに確かめて影響を見ていきます。

 

最近では、毒性の試験などをGLP適合性施設に外部委託するケースも増えているようです。

 

試験での報告書や結果は臨床試験の承認申請書類として、纏められそれをチェックした国の機関が物質の安全性や有用性の有無を確認して初めて臨床試験へと進むことが許可されるという流れになっています。

 

こういった製薬会社の非臨床の求人は、少ないです。

 

薬剤師の求人サイトでも薬局の求人ばかりで製薬関連は少ないという所が多いです。

 

ですので、本気で転職したいのであれば、求人サイトはよく選んで決めなければいけません。

 

最大手のリクナビの非公開求人にどんな会社から出ているかは見ておかないときっと損しますよ。

 

信頼性保証部門で年収の高い職場を探すなら

薬剤師の求人サイトでは、薬局の求人ばかりの所がほとんどです。

 

製薬メーカーなどは、薬剤師の市場ではパイがそもそも少ないので、よりよい求人サイトを活用しないと高収入な求人には巡り会えません。

 

製薬会社やCROで高収入な信頼性保証部門の求人を探すなら、こちらで紹介している求人サイトを利用してみて下さい。

 

なるべく製薬関連求人が豊富かどうか?という観点でサイトを選んでいます。

 

薬剤師の数は年々増加し、統計によると現在30万人を超えているそうです。

 

先ほども述べたとおり、薬剤師という市場のほとんどは薬局です。

 

製薬会社や病院、大学などの研究機関もありますが、やはり数的には少なくなっています。

 

ただ単純に薬剤師の求人サイトを選んでしまうと、調剤薬局の求人ばかり勧められるということにもなりかねません。

 

GQP,GLPなどの知識があるのであれば、やはり大手の製薬メーカーなどに勤めたいという方も多いです。

 

なるべく上記の求人サイトを活用してみて下さい。

 

大手のメーカー程、求人情報は非公開となっていて、表には出てきませんがそういった求人の方が高収入の場合が多く、年収は600万円や800万円台が多いです。

 

レアではありますが1000万円を超える求人もあるかもしれません。

 

しかし、そういった求人は製薬メーカーやCROにて既に経験のある人や、リーダー、マネージャー業務経験がある人などとなってきます。

 

PCや英語のスキルもなるべく高い方が優遇される傾向にあるのがこの分野の一つの特長ですので、もし強みがある方は、PRポイントとして押してみるのも良いかもしれませんね。

 

就業先は、製薬会社だけでなくジェネリック医薬品の製造工場などもあるようです。

 

安全管理・品質管理、査察などの業務を盛り込んだ求人も増えています。

 

一度、上記の求人サイトにて現在の求人状況をご覧いただければと思います。

医薬品の企業とは

日本の医薬品企業の大部分は東京や大阪で生まれているそうです。

 

現在のアステラス製薬の前身とされている藤沢薬品工業なども大阪発祥みたいですね。

 

医薬品企業は、もちろん医薬品を作って売っているわけですが、このうちの医薬品を作っているという意味には大きく2つの意味があります。

 

そのうちの1つは研究や開発をして、今までにない医薬品を作り出すこと。

 

そして、もう一つは研究開発された医薬品を製造する事です。

 

その中においても、一つ目で紹介した研究や開発の分野は医薬品企業にとっての生命線となります。

 

第一三共や、武田薬品工業も、あらたな医薬品を生み出したことによって世界的な企業に発展を遂げています。

 

ではその医薬品のメーカーとはどのような種類があるのでしょうか?

 

大きくは専業のメーカー、兼業メーカー、一般医薬品メーカーというものに分類されるのですが、前述でもでた第一三共や武田薬品工業、それとアステラス成約、エーザイなどは専業のメーカーとなります。

 

医療用の医薬品に特化しているわけですね。

 

ちなみにジェネリック医薬品を製造している沢井製薬、日医工等も専業のメーカーとなります。

 

兼業メーカーとは、そもそも医薬品ではないものを製造・販売していた所が、医薬品も売るようになったという企業です。

 

例えば、メジャーどころだとキリンビールなんかはビールなどの飲料メーカーの印象を持っている人も多く、それは間違いではないのですが医薬品の製造販売も行っている兼業メーカーなんです。

 

そして最後に一般用の医薬品メーカーですが、薬局などで売られている一般的な大衆薬品の製造販売をしている所ですね。

 

良く耳にする企業だと、大正薬品や、エスエス製薬、ロート製薬などがメジャーどころでしょうか。

 

山之内製薬も実は昔、一般用医薬品を作っていた時期もあるようですが、現在は作っていないそうです。

医薬品と信頼性保証部門

医薬品と聞くと何をイメージするでしょうか?

 

病気の診断や治療・予防などに使うお薬の事ですね。

 

この医薬品は医療用と一般用(大衆用)に大別されます。

 

しかし、このいずれにしても薬事法にて、研究開発や販売は厳しく制限されています。

 

一般の人がドラッグストアなどで見かけるものが一般用医薬品なわけですが、これらは医薬品全体のうちのわずか10%程度しかありません。

 

つまり病院などで用いられる医療用の医薬品の方が圧倒的に多いわけなんですね。

 

(ちなみに一般用医薬品の中に、歯磨き粉や日焼け止めクリームなどは医薬部外品と呼ばれて、医薬品には含まれていません。)

 

医薬品は、人命に大きく影響を及ぼすものなので、ある制限が設けられています。

 

まずはその社会性が高く、有効性や安全性、品質が確保される必要があると言うことです。

 

また、医薬品は外見だけでは商品の特性を判別する事が出来ません。

 

などなど、その他にも様々あります。

 

こういった医薬品は仕様に至るまでに薬事法をはじめとして、法的に厳しい制限を受けています。

 

各種製薬会社には、品質保証部や信頼性保証部門といった部署があります。

 

研究や開発の場面では、医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施基準GLPと、医薬品の臨床試験の実施基準に関する省令GCPなどがあります。

 

さらに、製造過程では、医薬品および医薬部外品の製造管理及び品質管理規則GMP。

 

販売過程では、医薬品の製造販売後の安全管理基準としてGVP、販売後の調査及び試験の実施に関する基準としてGPSPと言ったものがあります。

 

これらによって医薬品の取り扱いは厳しく制限されているのです。