調剤薬局のアロマテラピー取扱い求人

アロマテラピー関係の仕事が豊富な求人サイトは

画像

調剤薬局でアロマテラピー取扱いの求人ありますよ♪

 

アロマテラピストとしての知識を生かせたり、まだ知識が無くても仕事をしながらアロマの勉強できる調剤薬局が最近少しずつ増えています。

 

ハローワークや、インターネットで求人を見ているだけでは、なかなか見つからないので、非公開求人として豊富にアロマ求人を保有している求人サイトをご紹介いたします。

薬局薬剤師のコラム

薬局は一般用の医薬品を購入したり、処方箋に則った医療用の医薬品を購入したりする場所で。

 

また薬剤師の医薬品の調剤や販売を行う場所ともされています。

 

ですので開業には自治体の知事の許可を必要とします。

 

また、必ず薬剤師がひつようとなります。

 

そのなかでも調剤薬局というのは処方箋を元にして、患者に対して適切な薬を調剤する医療機関です。

 

また、一般人は調剤薬局しか処方箋に基づく医療用の医薬品を買うことは出来ません。

 

この調剤薬局というのは医薬分業で院外処方の進展に伴って数が増加しています。

 

特に都市部などではその傾向は顕著に見られます。

 

しかし逆に田舎の方ではあまり院外処方が進んでいない所もあり、まだまだ少ないところもあります。

 

さらには、こういった調剤薬局もチェーンとして展開している企業もあります。

 

メジャーどころとしては、たんぽぽ薬局や、ロイヤル薬局、アイン薬局などでしょうか。

 

これらの薬局なら名前くらいは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

他にはドラッグストアというのもありますね。

 

ドラッグストアはもともとアメリカを真似して出来たと言われています。

 

一般の医療品をはじめ、化粧品や、文房具・食糧なども取り扱っていて便利ですよね。

 

マツモトキヨシや、スギ薬局、ウェルシアなどが日本では有名です。

 

このドラッグストアは薬事法改正に伴って、登録販売者がいれば、薬剤師がいなくても一般用の医薬品を販売する事が出来るようになったので

 

スーパーやホームセンターなどでも取り扱いが増えました。

 

ちなみに、この登録販売者とは、一般用医薬品の販売資格で、1年間の医薬品販売の実務経験と自治体が実施している試験に合格する必要があります。