薬剤師のアロマテラピー資格

薬剤師でアロマテラピーの資格を取ろう!

画像

薬剤師の方で、アロマテラピーに興味のある方や、スキルアップやキャリアアップを目指している方でアロマテラピー検定などの資格を目指す方は大勢いらっしゃいます。

 

そういった方にオススメのアロマセラピストメディカルアロマセラピストになるための資格取得講座をご紹介致します!

 

もちろん日本全国どちらでも受講可能です。

 

アロマの資格や検定に少しでも興味のある方は、一度無料の資料請求にてご検討頂ければと思います。

薬剤師がアロマの資格は必要?

薬剤師の人でアロマテラピーに興味があって資格の勉強をしていたり、これから勉強するという人は相当いらっしゃるようです。

 

思いはそれぞれあると思いますが、多いのは薬剤師としてのキャリアアップ・スキルアップといった言葉です。

 

薬剤師としての仕事の幅を広げるためにアロマやハーブの勉強をする人が多いのです。

 

また、その他には自分自身がアロマが好きだったり、個人的に興味があるので、仕事も薬剤師なのでもっと詳しく知ってみようと取り入れる方もいらっしゃいます。

 

個人的にアロマを学ぼうとするきっかけとしては、妊娠などでお薬が飲めない時に、ハーブやアロマを使ってみて良かったのがきっかけという方もいらっしゃいます。

 

アロマには、お薬としての即効性などはありませんし、効き目は人によって違いますが、癒しやリラックス効果で病気の症状が軽くなるという方もいらっしゃいます。

 

ですので、そういった個人の体験からアロマセラピーの世界に興味をもって、専門的なメディカルアロマテラピーをナード(NARD)などで学ぶという流れになるようです。

 

病院ではなかなか、取り入れる事は難しいですが、調剤薬局などの薬局関係ではアロマの教室を開いたり、アロマ商品を取り扱ったりしている店舗もございます。

 

しかし、実際に調剤薬局などの現場でアロマを用いるには、まだまだ壁もある場合も多いようです。

 

今後少しずつアロマの資格を取得した薬剤師さんによって、薬局でも普及していくといいですね。

アロマの勉強をする人が増えています

アロマテラピー検定の資格はAEAJ日本アロマ環境協会が実施している資格の制度です。
アロマテラピー検定は1級と2級が存在し、毎年受講者数も増えています。
近年ではアロマテラピーは、個人で楽しむだけではなく、アロマのショップや、エステサロン、医療施設などでも取り入れられるようになり、ますます需要が高まっています。
そうした背景から、正しい精油の知識や使用方法を身につけようとする人が増えているのです。
薬剤師だけでなく、看護師やその他の医療従事者もアロマを勉強している人は多いようです。

薬剤師の国家試験

薬剤師の資格は国家試験ですので、当然ながら合格した者のみが免許をもち
薬剤師としての業務にあたる事が出来ます。

薬剤師になる為には、まず薬科大学か大学の薬学部(まとめて薬系大学といいあす)の薬学科を修了し、薬剤師国家試験の受験資格を得ます。

つまり、薬系以外の大学・短大・専門学校などでは、受験資格を得る事が出来ないのです。

薬系大学では国家試験合格を目標としたカリキュラムになっており、
大抵の場合は、6年次の3月に受験し、4月から薬剤師として働き始める事となります。

薬学系の大学は2006年度の入学から6年制となり、6年の課程を修了した人しか受験出来ませんが、
2017年の入学者までは特例措置として4年で済むケースもあります。

また、6年制の導入によって以前は4〜6週だった病院・薬局の実務実習が、5ヶ月と延長されています。

このように薬剤師の求人の資格取得へのハードルは高くなっています。

しかし、それだけ国内における薬剤師の重要性は高いとも言えるでしょう。