メディカルアロマ薬剤師の募集ならこちら

薬剤師の職場でメディカルアロマ

画像

薬剤師の方で、メディカルアロマテラピーについて興味があり、そういう職場に転職したいという方は、以下のサイトを一度見てみて下さい。

 

リクナビ薬剤師」にしかないアロマ関連の非公開求人は結構沢山あるんです!ですので、一度も確認せずハローワークやアロマ関連求人の取り扱いが少ないサイトだけの求人情報で、転職してしまうのは非常にもったいなく感じます。

 

無料で確認出来て全く損にはならないので、一度ご自身で確認してみる事をオススメします。

薬剤師のアロマコラム

薬剤師としてメディカルアロマテラピーを勉強していく際に、精油に関する知識は重要です。

 

精油とはベースオイルを使って薄めてから肌に塗る事で、簡単に効果を実感する事が出来るでしょう。

 

皮膚には表面を覆う表皮とその下側にある真皮との間に保護膜があって、紫外線などの有害なものから皮膚を守ってくれています。皮膚に対して塗る精油に含まれる有効成分は、保護膜をも通って血管に入る事が出来る為、そこから体内を巡って全身のあらゆる組織に対して影響を与える事が出来ます。

 

しかし、精油には強い成分が凝縮されています。

 

ですので、必ず植物油や大量の水で薄めてから皮膚に塗るようにしましょう。

 

精油を直接皮膚に塗るのは刺激が強すぎるのでやめましょう。

 

アロマテラピーでは、まず最初に精油に関する正しい知識を持つことが非常に重要となってきます。

 

精油を選択する時や使用時に欠かせない精油の基礎地知識を知っておきましょう。

 

精油とは、植物から抽出されたエッセンスの事です。

 

植物の花やつぼみ、枝葉、果皮、樹皮等の揮発性芳香成分について、特殊な手法にて抽出したエッセンスなのです。

 

芳香職筒は約3000種類もあるそうです。

 

しかし、一般的にアロマテラピーで用いられるのは、そのうちの200種類程度だそうです。

 

この芳香植物を大量に使用して精油を抽出しますが、実際に作られる量はほんの少しです。

 

例えば、1000kgものラベンダーから取れる真正ラベンダー精油は10〜30kg同様のローズからは100〜300gしかとる事が出来ないのです。

 

つまりアロマテラピーで使用する精油というのは非常に貴重な物なのです。

 

アロマテラピーに使用するオイルについて

 

アロマオイルという名称をよく目にする機会がありますが、これはアロマテラピーやスキンケア等に用いられる方向性のオイルの事を広く総称したものです。

 

純粋な精油の事を称するエッセンシャルオイルと混同しないようにして下さいね。

 

また、エッセンシャルオイルとベースオイルをブレンドしたものをアロママッサージオイルと呼んだりもします。

 

ポプリ用に合成香料で生成したものをポプリオイルとも呼び、そのすべてをアロマオイルと呼ぶことが多いです。

 

しかしポプリ用のオイルは、体には使えないのでご注意ください。

 

アロマテラピーに使う場合はエッセンシャルオイルが必須となります。

 

精油は材料の原産地や抽出手法によっても、成分の量が違ってきます。

 

希少価値のある原料ならば価格は高くなってしまいます。

 

お店では同じ名称でも値段が異なる精油がある場合は、原材料や抽出手法が異なっている場合があります。

 

また、タイムやローズマリーなどは、同じ種でも育った環境によって精油の成分が異なってくるものがあります。

 

精油成分の構成比率に大きな違いが生じるものがありますが、こういったものをケモタイプと呼んでいます。

 

薬剤師として、仕事の現場でメディカルアロマの取り組みの参考になれば幸いです。