薬剤師のアロマテラピー求人を見つけるなら

薬剤師でアロマテラピーの求人を探すならココ♪

画像

最近薬剤師さんの中ではアロマテラピーって結構人気です!

  • 職場でアロマについて勉強出来たらいいな
  • 職場でアロマやハーブの知識を生かしたいな

 

でもなかなかアロマを取り扱っている求人情報って見つからない。。。。そう思っている方の為にアロマを取り扱う求人が豊富な、転職サイトをランキングにしてみました。

 

このサイトの非公開求人を見せてもらうとアロマ取り扱いの求人って意外と身近にあったりするものですよ♪

アロマテラピーの歴史と薬剤師について

アロマテラピーには大きく分けて2つの種類があります。

 

1つ目は広く知られている、イギリス式のアロマテラピーです。

 

こちらは、お花やハーブの香りの効果でリラックスを促します。

 

もう一つはメディカルアロマテラピー協会という所が提唱しているフランス式のアロマテラピーです。

 

「メディカル」と名前についているので、医療関係だとわかりますが、果たしてその認知度はどれくらいのものでしょうか?

 

実際には、まだまだそれほど世間には浸透していないように感じます。

 

このメディカルアロマテラピーというのは香りの力だけでなく、精油(エッセンシャルオイル)の力を使って病気になる前の予防であるとか、

 

現在の医学では病気であるとは認めてもらえないような症状に対してケアする代替医療とも言われているものです。

 

このメディカルアロマテラピーはラベンダーの精油をやけどの治療に用いた事を発祥としています。

 

さらに時が経ち、精油を植物油などで薄めてマッサージするという方法が出てきて、美容であるとかストレス解消などの、いわゆる癒し効果を求めたアロマテラピーが普及してきました。

 

しかし、このアロマテラピーは医療としては認められることは無く、リラクゼーションとして定着しているのが現状です。

 

昨今の日本では前述のとおりイギリス式の方が認知度が高く、フランス式のメディカルアロマテラピーは取扱い数が非常に少ないのが現状です。

 

その一つの要因として日本の法律があります。

 

現行法では、メディカルアロマテラピーで注意すすべき点として、皮膚に塗布するものに対しては化粧品、飲むものに対しては食品の認可が必要です。

 

精油に関しては雑貨の扱いですので、認可は取られていません。

 

その為精油を皮膚塗布したり、飲んだりする場合は、あくまでも自己責任で自分に対して実施する事が基本です。

 

現在薬剤師の方でキャリアアップやアロマに興味があるという方から、メディカルアロマについても興味あがあって勉強してみたいという方や、すでに心得があるので仕事で生かしてみたいという方が沢山いらっしゃいます。

 

もし、薬剤師のアロマの求人情報をお探しでしたら、こちらからどうぞ。

薬剤師の服薬指導 コミュニケーションの重要性

服薬指導において、患者さんと薬剤師のコミュニケーションは、非常に重要です。

コミュニケーションといってもただ喋るだけではありません。

相手に伝わる60%以上は非言語メッセージと言われています。

その為、患者さんと接する際は、表情(笑顔)、態度、服装、声のトーン、化粧などにも気を配る必要があります。

身だしなみも非言語のコミュニケーションの一つですから、患者さんが不信感を感じないように
薬剤師は常に清潔できちんとした服装や態度が求められるのです。

また、薬局内での患者さんとの第一印象も大切です。

薬を安全に服用してもらうために、初対面の患者さんでも多くの情報を収集し、確認する必要があり、第一印象がとても大切になってきます。

患者さんが安心して話せるような心がけでその後の会話が大きく変わってきます。

患者さんの見になって話を聞き理解できる高いコミュニケーション能力が薬剤師には求められています。

もし、薬剤師での転職をお考えでしたら以下のサイトが情報量も多く、
求人を選ぶに際しての注意点も挙げてくれているので、よろしければご活用ください。