薬剤師のアロマテラピー求人情報

薬剤師でアロマテラピーの求人♪興味のある方大歓迎!

画像

 薬剤師さんでアロマテラピーハーブに興味がある方は沢山いらっしゃいますが、なかなかアロマ関係の仕事ができる職場って少ないですよね。
そこで・・・

 

  • 仕事をしながらアロマについて学べる職場
  • アロマ・ハーブの知識があれば優遇される職場

 

こんな職場に興味のある方のために、アロマテラピー関連の求人を沢山取り扱っている転職サイトをランキング形式でご紹介致します。もちろん全て完全無料で利用できるサービスです♪

アロマテラピーの薬剤師求人を探す

薬剤師さんでアロマテラピーの求人を探している方は沢山いらっしゃいますが、なかなかいい求人が見つからないという話を伺います。

 

現状、薬剤師の人数が増えているのに対して薬局や病院、企業といった薬剤師の職場は増えていないので、薬剤師さんの転職はやや厳しい状況です。

 

そのなかで、アロマに関する職場を探そうとすると、さらに見つけるのはむずかしくなってしまうでしょう。

 

病院や企業ではなかなか、アロマに関係する職種は少なく、調剤薬局などに限られてきます。

 

しかし、アロマやハーブ、漢方といった、知識を持っている方や、これから学びたいという方は多いです。

 

なぜなら、1人の薬剤師としてアロマテラピー検定やナード(NARD)でメディカルアロマテラピーを学びインストラクターやコーディネイター程の知識をもっていると、転職の際にいろんな求人を選べるわけです。

 

今はまだアロマの需要は少ないですが、今後はアロマが普及するにつれてそいうった求人も増えてくることが見込まれます。

 

そうした時に、自分のスキルの一つとして大きく働くでしょう。

 

また、薬局で患者さんからハーブやアロマセラピーの事や栄養相談について、問われたときに答えられないよりは、ちゃんと答えられるだけの知識を持っておいた方がいいですよね。

 

それにドラッグストアなどの勤務の場合は、お客さんからしてみれば薬剤師さんにもハーブやアロマ商品の事を聞く可能性は多聞にありますよね。

 

上記で紹介している、求人サイトでは、アロマ関係の知識を持っていると、就職で有利に働く場合や、優遇してもらえる求人も実際にあります。

 

ですので、もしそいういった知識をお持ちのかたは、求人を探す際に注意して見てみて下さいね。

 

東京や大阪、名古屋といった都市部のみしか、そういった求人は少ないんじゃないかとお考えの方も多いようですが、実際には非公開求人を見てみると、地方でも求人が見つかるものです。

 

北海道の札幌や宮城の仙台、神奈川の横浜、京都、神戸、広島、福岡といった各地の主要都市や、他にも岡山や、千葉や、埼玉、愛媛等でも求人がありました。

薬剤師の求人探しはリクナビ薬剤師をお勧めする理由

将来やりがいのある仕事を求めて、求職活動を行っている人も多いのではないでしょうか。

 

やりがいのある仕事も色々ありますが、薬剤師もまたその中の一つです。

 

薬剤師は有料の求人情報誌を始め、フリーペーパー等無料の求人誌にも募集は出ています。

 

その他にも新聞広告、インターネット上に求職サイト等にも募集が載っていますので、参照してみてください。

 

薬剤師という仕事は国家資格が必要ですので、まず資格を取得する必要があります。

 

そして資格を取得した後に職場を見つけますが、その時に参考になるのが前述の求職情報誌等です。

 

実際に職場を見つけるには、多くの仕事情報を入手する必要があります。

 

一つの就職情報誌でも職場は見つかる場合もありますが、他の情報誌にはもっと良い条件の募集が載っているかもしれません。

 

自分が希望する職場で働くためには、最初の職場選びが大きなポイントになります。

 

そのため、可能であれば複数の就職情報誌を比較検討する事をお勧めします。

 

仕事募集の比較検討は就職情報誌でも可能ですが、時間と手間がかかります。

 

そのため、もっと効率的な方法が求められます。

 

効率的な方法となれば、やはりインターネット上にある薬剤師に特化した就職サイトがお勧めです。

 

就職サイトであれば、希望する条件を入力するだけで瞬時に職場を検索できます。

 

インターネット上に様々な就職サイトがありますが、中でもお勧めはリクナビ薬剤師です。

 

サイトには多くの情報が掲載されていますので、まず一度アクセスしてみてください。

薬剤師の求人なら上記のサイトにお任せ

資格がないとできない仕事は色々とありますが、薬剤師もその中の一つです。

 

仕事を行う時はまず試験を受け、国家資格を得る必要があります。

 

一度資格を取得すれば、何かしらの理由で職場を離れても再び働く事も可能です。

 

しかし復職や転職で薬剤師を目指す場合、必ず希望の職場に就職できるとは限りませんので、事前の情報収集を怠らないでください。

 

募集要項は、求人情報誌やインターネット上の求人サイト等にも出ていますので、一度目を通しておくと良いでしょう。

 

市販の求人情報誌等でも募集要項を見つける事ができますが、希望する職場に就職したいのであれば、やはりインターネット上の求人サイトがお勧めです。

 

インターネット上の求人サイトには検索機能が付いていますので、様々なカテゴリ検索も可能です。

 

給料、地域、手当、休暇、福利厚生等、自分が最も重視する項目で検索できます。

 

またインターネット上の求人サイトであれば全国から検索できますので、好きな地域に就職できます。

 

求人サイトにアクセスするにはパソコンを始め、スマートフォンやタブレット端末でも可能です。

 

希望する求人募集があれば、その場から応募できますのでとても便利です。

 

インターネット環境が整っている方は、ぜひ一度アクセスしてみてください。

 

様々な求人サイトがありますが、サイトの選択に迷った方にはリクナビ薬剤師をお勧めします。

 

リクナビ薬剤師は使いやすいサイトで知られており、多くの人たちが利用しています。

これからの薬剤師業界とキャリアアップ

日本は人口がどんどんと減少し、薬剤師も含めて様々な分野で規模の縮小がおこってきています。

今までのビジネスモデルでは通用しづらい時代が来るのかもしれません。
しかし、日本はこれから高齢化社会を迎え、医療や医薬品に関する需要は増えていくでしょう。
日本では、2006年に薬学部が6年に変わりました。
それまでの薬学から患者に焦点をあわせた臨床医学を中心となる薬学の学習へと変わりました。
そして、その6年生を修了した生徒が世の中に出てきた2012年、薬剤師の国家試験の合格者は8000人と少なく、
病院などでの採用も多かったので、その他の調剤薬局やドラッグストアではおおきな誤算だったことでしょう。
薬局業界の昨今をみてみると、供給過多になっていりょうな状態です。
医薬分業も影をひそめた最近では、再編や淘汰がされてく世の中が来るのかもしれません。
薬剤師に至っても、ただ免許をもっているだけでは通用しなくなっていく事が考えられます。
例えば、より高度なスキルや、アロマテラピーなどの周辺教養、患者や職場でのコミュニケーション能力。
更には医療人として、より高い心構えや医療、介護のスタッフとの協力と薬物療法やヘルスケアにあたる必要が出てくるでしょう。
現在、薬剤師は過剰だと言われています。
これからの世の中を薬剤師としてやっていけるかどうかは、キャリアアップにかかっているのかもしれません。

薬剤師の業務フィールド

ここでは薬剤師の資格を生かした仕事について、どんな種類があるのかご紹介します。

【薬局】
薬剤師の仕事の代表格として、薬局があります。
しかし、単に薬局といっても薬剤師の仕事は様々です。
例としては、調剤や服薬指導、薬歴管理、薬剤管理指導、在宅患者訪問などがあります。

【病院】
病院も薬剤師の仕事の代表的なものの一つで、広く認知されています。
主に薬局同様に調剤や服薬指導、薬歴管理など。
他には病棟業務やTDM(薬物血中濃度モニタリング)、DI(医薬品情報管理)などがあります。

【製薬会社】
こちらも薬剤師の仕事の代表格です。
創薬(研究職)・開発担当、MR(医薬品情報担当)、学術職、PMS(安全性情報暗闘)、管理薬剤師などがあります。

【学校】
学校というと、知らない方からすると薬剤師が仕事をしているなんてイメージが沸かないかも知れませんが、実は薬剤師が活躍しているフィールドの一つなんです。
具体的には、設備の衛生管理や医薬品、給食等の管理指導などを薬剤師が行っています。

【行政機関】
大気汚染や水質汚染の監視、廃棄物処理に関する指導、食品衛生に関する試験など。
他にも、麻薬・薬物の取締りなどの仕事があります。

【その他】
化学メーカーや化粧品会社、食品メーカーなどがあります。
また、医薬品の卸会社などで活躍する薬剤師の方もいらっしゃいます。
CRO(開発業務受託機構)、SMO(治験設備支援機構)などもあります。
おおまかではありますが、薬剤師の資格を生かした仕事は上記のようなものがあります。
一般的な認知度の高いものから、裏方で認知度の低い仕事まで沢山あり、実際には紹介しきれないものが他にも多々あります。

薬剤師の資格は様々な場面で役に立ち、そのフィールドは多種多様ですね。
次回は具体的に薬剤師になる順序についての記事を記載したいと思います。

  • (2016/04/27)転職を更新しました
  • (2016/04/27)資格を更新しました